2018/06/12

犬の似顔絵パネル制作日記 MIX犬のデザインから完成まで

昨日、久しぶりにステンドグラス用のガラスを買いに行って来ました。
昨日買ったのは、こちらの2枚です。

左のガラスは、ちょっと凹凸のある黒っぽいガラスです。
本当は、黒の凸凹がほしかったんですが、真っ黒なガラスって皆無に近いですね。

でも、この10年・・・ガラスの価格が1.5倍以上になってますね(^^;
すっかり、浦島花子状態です、
右側のガラスなんて、これ1枚で4,000円ですよ!!もう、びっくりです!!
これ1枚で何作品分取れるだろう・・・パネル2枚分?3枚分も取れるかな?って感じです。

あまり高額なガラスを使うと、どうしてもパネル代の値上げにもなってしまうので、考えてガラスも買わなきゃなりませんね・・・・。

スポンサーリンク

MIXの可愛い女の子の似顔絵パネル

今製作中のパネルは、MIXの女の子です!
お友達のワンコなので、親しみもあって、すでに愛着も湧いてきてます(^^
また、完成後のお別れ(引き渡し・発送)時に泣くかも・・・私(涙

友人から写真をメールで送ってもらい、今回、この2枚の写真のどちからで作ることにしました。

 

デザイン画

2枚デザインして、どちらが良いか選んでもらいました。
(盗作防止の為に一部隠してます・・・ごめんなさい)

同じワンコなのに、写真によって雰囲気がずいぶんと変わりますよね~
でも、なかなかの美人さんです♪

で、右側のデザイン画で制作することに決定しました!
うん、私も、こっちの方が可愛かな?って思ってた(^^

型紙制作

これから、型紙制作に入ります!
必要な物:丸い型、クリアファイル、油性ペン、ハズキ・ルーペ

型紙も出来て、いよいよガラスカットに入ります!

シールの色は、ガラスの色分けで、うっすら見える線はガラスの向きです。
犬なので、毛の方向に合わせてガラスをカットすることで、よりリアルになります。

今回は、毛の短いワンコなので、ビリーのときほどガラスピースは多くないですが、限られた線で表情とか明暗も表現するので、それはそれで結構難しかったりするんですよ~

ガラスカット

ステンドグラスで一番難しいというが、技術が必要なのはガラスカット(かな?)です。
私のデザインって、結構面倒なかたちが多いので、結構たいへんです。
気の利いた人なら、もっとシンプルな形にするんでしょうけどね・・・・
でも、この面倒な形だからこそ、より犬の表情もリアルになるんじゃないかな?
と、私は勝手に思って納得してますが(^^

写真とにらめっこしながら、より近いガラスを選んでカット終了です!!

ガラス研磨

ガタガタのガラスをルーターで綺麗に研磨して、型紙に並べていきます。
この作業って、結構過酷です(^^
特に、この日は凄く暑くて、汗だくになりながらしてました。

研磨し終わったら、かなりリアルになってきました。

左が自然光で、右がライトテーブルの光で・・・
同じ物なのに、ガラスの色がぜんぜん違いますよね~
この段階ではまだ、吊るしたときの色がわからないので、私はいつもライトテーブルの光で確認してます。
といっても、目安くらいですけどね~

テープ(コパーフォイル)巻き

ガラス同士をつなぐため、全てのガラスに銅のテープを巻いていきます。
この作業って、以前は一番楽な作業だったんですが、今は老眼が辛いです(涙

テープにも色々な幅があって、ピースごとに使い分けてます。
繊細なパーツには一番幅の狭いテープ、強化したい部分には一番太いテープなど・・・。

テープ巻きが終わると、かなり輪郭もしっかりと見えてきます。

半田

ガラス同士をつなぐため、ハンダ作業をします。
ここまで来ると、完成まではもう少し!!

とりあえず、犬の部分の半田は終了です!
ちょっと半田の煙で、気持ちわるくなったので、今日はここで終わります・・・・。
もうちょっと頑張れば、完成まで行くかな・・・と思ってたんですが、無理はしません。

明日、フレームのガラスをカットして、完成させます!!

パネルのフレーム作成(ガラスカット・研磨・テープ巻き・半田)

半田が終了したときのパネルです。

これから、ブラックパティーナで半田を錆びさせて完成です!!

新聞紙の上で、まだ半田が銀色のときです・・・・

犬の似顔絵ステンドグラス・パネル完成!

完成しました!依頼してくれた友人も、とても気に入ってくれました♪

ガラスの色も、いい感じで出てるなぁ~って、私自信も納得できる作品に仕上がりました。
早く、誰よりも大切にしてくれる方の元へお送りしたいです。

スポンサーリンク