スポンサーリンク

アラフィフ女性の悩みと言えば、更年期障害。

私も40代の後半くらいから、怠い、肩がこる、やる気が起きない、イライラする・・・

など、モヤッとした感じはあったんですが

去年の冬くらいから、ホットフラッシュの症状が酷くなってきて

今年の夏は、2回くらい意識が遠のいて「やばいかも・・・」と思うことがありました。

 

今だから「あの時は、ヤバかった~」なんて話せますけどね(^^;

でも、何とか乗り切った私の「真夏にホットフラッシュから体を守る方法」など書いてみようと思います。

「ヤバイかも!」と感じた時の症状とは?

私が、マジで「これ、ヤバイかも・・・」と思ったのは2回です!

愛犬の散歩時、庭の除草をしているとき です。

愛犬の散歩時に起きた症状

毎朝、9:30頃に散歩をしてました。

その日は、特別暑い日でもなく、帽子をかぶって散歩をしてたんですが

歩いている時に突然頭が熱くなってきました(ホットフラッシュ)。

首から、顔から、頭皮から、とにかく毛穴から汗が吹き出すように汗が流れてきて

着ていた服も、一瞬にして汗で濡れていくのを感じました。

 

そしたら、今度は頭がボーッとしてきて意識が部分的に薄れていくのを感じました。

幸い、家の近くだったのでちょっと急いで家に帰ろうと思ったんですが・・・

急いでるつもりでも、なかなか足が進まなくて「倒れるかも」って心配にもなりました。

 

何とか家に着いて、玄関に入って家の中に入ろうとしても力が出なくて

愛犬を部屋の中に入れて、自分はしばらく玄関に座り込んでしまいました。

10分くらいその状態でいて、ちょっと力が出てきたので家に入ってソファーに横になりました。

庭の除草をしているときに起きた症状

夏でも気温の低い朝(7:00頃)から除草(草取り)をしてました。

ずっと、しゃがんで黙々と草を取っていたら・・・頭がカーーーっと熱く!ホットフラッシュです。

それまでは涼しいと感じてたのに、急に体全体が熱くなって心臓がバクバクしてきました。

髪の毛からは汗がポタポタ落ちてきて、着ていた服の方がベタベタに濡れてくるのを感じました。

 

「これは、ヤバイ!!」と思って、慌てて家の玄関に入ったら貧血のような症状になって

その場に座り込んでしまいました。

しばらく、目の前が真っ暗になって立つことが出来ませんでした。

心臓の鼓動が治まるのと、貧血のような症状が治まるのを待って部屋に入りました。

意識が混濁するほどの原因は何か考えてみた

急激に大量の汗をかいて、脱水症状になったんじゃないかと思います。

あんなに汗をかいたのは、初めてで自分でも驚きました。

汗をかいた途端に、頭痛がして、体が怠くなってきましたから。

いつもは、暑いだけとか、ホットフラッシュだけでの汗をかくことが多かったんですが

それが同時にくると、あんなに体力を消耗するんだ・・と、ちょっと怖くなりました。

スポンサーリンク




改善法・対処法

散歩の時は、休憩する場所が無くて家まで無理して歩きましたが

休める場所があったら、無理しないで休憩した方が良いです。

 

部屋に入って、冷たい水を飲んで、首の後ろを保冷剤で冷やしました。

よく「体を冷やすのは良くない」と言われるけど、この時は冷やして良かったと思います。

首の後ろを冷やすと、一瞬にして体が冷えて不ホットフラッシュは治まりますよ。

水も、私は炭酸水を飲むようにしてます・・・水よりも冷たく感じますから。

ホットフラッシュが頻繁に起きるようになって箱買いしてます(^^

私にとっては、命の水です。

 

でも、激しい頭痛とか吐き気とかの症状がある場合は

病院に行ったほうが良いかもしれません。

私は、ソファーで横になった時に「症状が治まらなかったら病院に行こう」と思ってましたが

何とか治まったので病院には行きませんでしたが、夏は無理は出来ないですね。

 

それからは、愛犬の散歩に行く時は小さな保冷剤を持って歩くようにしました。

よく、ケーキを買ったら付けてくれる小さな保冷剤、これがあるだけでも助かりますよ。

あと、母に勧められて夏の間は「命の母A」を飲むようにしてました。

やっぱり、飲むと全然違いますよ。

今は、涼しくなってきたのでのんでません。

依存するのが一番不安なので。

スポンサーリンク