スポンサーリンク

「黒子のバスケ」の人気ランキングって、よく目にするけど

赤司の人気って凄いですよね!

主役の黒子や火神、キセキの世代で一番先に登場した黄瀬よりも人気が高いんだもん。

でも、ぶっちゃけ・・・何故、赤司がそこまで人気が強いのか?

ちょっと分からないんですよ。

もちろん、格好いいと思うし、私も好きですけどね。

でも、一番ではないな・・・・

 

というわけで、赤司を中心にして「黒子のバスケ」のアニメを再び見てみました。

仲間を大切に思ってた赤司

帝光中学で、チームを大切に思ってたのは

黒子、桃井、そして赤司!

赤司の想いというのは、ちょっと歪んが方法ではあったけど

勝ち続けることで仲間を留めておくことは出来た。

 

「劇場版 黒子のバスケLAST GAME」でも

「彼ら(キセキの世代)と一緒にバスケが出来たこと」を誇りに思ってることは言ってたし。

 

キセキの世代全員が別々の高校に進んで、再びウィンターハイで再会出来たときも

(歪んではいたけど)再会を一番喜んでいたのも、赤司だったんだと思う。

そんな、ちょっとツンデレな部分も人気の1つと思った。

スポンサーリンク




声優さんが、神谷浩史さん

やっぱり、声の印象って大きいと思う。

神谷さんの声は、独特な雰囲気があって

二重人格?の赤司の声には、はまり役だと思った。

 

「俺」の時の赤司と、「僕」の赤司とでは

別人のように違うのも、力ある声優さんじゃなければ出来ないですよね。

「俺」になった時の赤司の声は、やっぱり優しくて

そのギャップに、女子なら「ドキッ」となってしまうのかな?

赤司が「俺」と「僕」の違い

赤司が自分の事を「俺」というときは、優しい赤司!

チームメンバーの事を名字で呼んで

心からバスケを楽しんでチームプレイを重視する。

 

ある意味、この状態の赤司を敵にすると一番恐い!!

この時の赤司のオーラとか、包容力とかリーダーシップは

とても高校生とは思えない・・・・

ここも赤司の魅力なのかもしれないね~

赤司が自分の事を「僕」というときは、要注意!

赤司が「僕」というときは、二重人格になってる!

チームプレイよりも、どんなことをしても「勝つ」ことを重視する。

ある意味、同じチームでも恐い存在・・・。

仲間を名前で呼ぶので、キセキの世代達はそれで赤司を見分けてる?

 

これは、連続アニメでは強さでもあったけど、赤司の弱さでもあった。

でも、映画では、それを強みに変えて無敵になった!

「劇場版 黒子のバスケLAST GAME」で赤司人気に再び火がついたのも、これでしょ!

劇場版は、黒子&火神よりも、キセキの世代(特に赤司)が主役だと思った。

結局、赤司の魅力とは?

何だかんだ言って、格好いい

結局、これに尽きる!

身のこなし、喋り方、バスケが強い、リーダーシップ、セレブ、上品、頭がいい・・・そして、イケメン

古い言い方をすれば、王子様的存在だろうか?

付き合いたいとかじゃなく、ちょっと遠い存在の憧れの人って感じ?

恋人とか夫にするとなると、ちょっと恐い気がする・・・なんでも見抜かれそうで。

 

でも、裏話を見たけど

最初は、黒子と赤司は兄弟って設定だったそうですね!

生き別れの兄弟とか?

 

確かに、黒子と赤司は背格好とか髪型とかにてますよね。

でも、そういう設定って、あまりストーリーに関係ないような気もするし

違うジャンルの漫画になるので、ボツにして正解だと思う。

スポンサーリンク