スポンサーリンク

今では信じられない昭和の常識コラム

今回は、飛行機でタバコが吸えた

コラムを書いてみたいと思います。

飛行機でタバコが吸えた

はい!吸えました!

ただ、禁煙席と喫煙席で別れてましたけどね。

確か、前の方が禁煙席で、後ろの方が喫煙席だったと記憶してます。

搭乗手続きのとき

「おタバコは吸われますか?」って聞かれてました。

 

私が子供の頃は、父がヘビースモーカーだったのでかならず喫煙席に座ってました。

まだ、ヘビースモーカーが多かった時代なので、周りの人もタバコ吸ってたので

煙悶々で、北海道-東京間の1時間くらいの時間でも

かなりタバコく臭くて辛かったの覚えてます。

 

今だから言う・・・・機内でタバコ臭いのは、ほんと公害そのものでした。

今は、全席禁煙になって、ほんと良かったですよ~

 

でも、今もヘビースモーカーにとっては

ヨーロッパとかアメリカに行くときは10時間以上もタバコを吸えないですから

まさに、拷問でしょうね。

 

でも、いつから飛行機は全席禁煙になったんでしょう?

私は、タバコは吸わないので「気がついたら禁煙になってた・・・」って感じでした。

飛行機の全席禁煙はいつから?

調べてみたら、日本の航空会社の航空機における禁煙化は1999年4月からだそうです!

ってことは、まだ20年もたってないんですね?

もっと昔から禁煙になってたような気がしてました。

 

そう言えば、香港が中国に返還されてすぐに香港に行った時は

キャセイパシフィックでしたけど、まだ喫煙席があったあった!!

 

私と一緒に禁煙席に座ってたいとこが、CA(当時はスチュワーデス)さんに

「タバコが吸いたいんですけど」というと、「喫煙は後ろの席でお願いします」と言われて

1人で後ろの空いている席に移動したの記憶してます。

香港が中国に返還されたのが、1997年7月1日ですから

その2年後から(日本の航空会社は)全席禁煙になったんですね。

 

あ、キャセイパシフィックはいつから全席禁煙になったのかはワカリマセン・・・。

 

スポンサーリンク