スポンサーリンク

今では信じられない昭和の常識コラム

今回は、電車のトイレは線路上に垂れ流し

コラムを書いてみたいと思います。

電車のトイレは線路上に垂れ流し

これは、マジです!

私は、北海道の電車にしか乗ってませんが

北海道の函館本線の列車は、垂れ流しでした(^^;

 

だって、トイレの穴の奥に線路が見えましたから!!!

よく、親に「もしも、うんちしたら、線路にうんちとか残らないの?」と聞いたことあります。

そしたら「これだけの速さで走っていれば、空気中に発散されるから大丈夫」と言われました。

でも、子供心にそれはそれで心配でした・・・・

 

だってねぇ・・・・

踏切で待ってる時に、通り過ぎる電車に乗ってる人が

もしも、誰かがトイレを使ってたら・・・もしかしたら・・・・空気中に・・・・

なんて、考えちゃいますよね?(^^;

 

私の中では

通り過ぎる電車と、バキュームカー(汲み取りトイレの清掃車)は同じ先入観ありました。

 

なので、私は親からその話を聞いてからは

踏切で電車が通り過ぎる時は、誰かの後ろに隠れてました。

こんなこと言ってたら、線路脇に住んでる人はどうするんだ!って話になりますけどね(^^;

 

そう言えば、映画「ハムナプトラ(何話目か忘れたけど)」で

トイレの穴から脱出するシーンがあるんですが・・・・

それも、「垂れ流しトイレ」だからこそ出来るストーリー展開ですよね?

 

でも、今の時代にそんな電車があったら・・・

絶対に社会問題になりますよね!!

スポンサーリンク